松阪ハム
メニュー

こだわりの品質 麦そだち四元豚

「麦そだち四元豚」の特徴

畜種と厳選された血統

料理写真

米国農務省認証プログラム

1997年よりバーガス博士(アイオワ州立大学卒)との共同研究を開始。“本当においしい豚肉”にこだわり、妥協を許さない長年の研究により誕生した奇跡の血統です。
チェスターホワイト、ランドレース、ヨークシャーを掛け合わせて出来た母豚(white Line)に100%デュロックの雄を交配。
選び抜かれた血統の豚と掛け合わせることで誕生した「四元豚」は国産銘柄豚にも負けない自信の品質です。

“おいしさ”と“安心・安全”を追求しました。
■成長促進剤の使用禁止
■飼育期間の抗生物質の使用禁止
お客様へお届けする商品は、一度も病気をしていない健康な豚のみです。
健康な豚は、アクが出にくく、おいしさが違います。

■飼育
国産でも希少な麦中心の飼料で育てました。
育成・仕上げ期間等の飼料の約8割前後が大麦・小麦。
さらに、オレガノ等のハーブを配合した独自の飼料を与えています。
■飼育期間
麦全体の飼料はコーンに比べ成長がゆるやかになり、飼育に時間がかかります。
(平均185〜195日)

良質な飼料でじっくり育てたことにより、脂に甘みがあり、くせがなく、ジューシーなおいしさを実現!
筋繊維が細く、サシの多い肉質。日本人好みの柔らかな食感です。

■USDA Process Verified Program
USDA(米国農務省)が左記内容を認証しており、厳格な基準を満たしているか、毎年検査を行い更新されます。
■生産農家
生体供給農家はすべて契約農家のみで、同じ畜種、同じ飼料、同じ肥育方法を義務付けられています。
これらはすべてPQA Plus(豚肉品質保証プログラム)の認証生産者です。

麦そだちの四元豚 おいしさの証明