メニュー

NEWS

世界の食肉加工品PART4

投稿日: 2020年9月28日

こんにちは。

この前から、世界の食肉加工品について、お国別の特徴を記載させて頂いておりますが、本日は、情熱の国 スペインのご紹介になります。

スペインは、イタリアタイプの燻製しない「生ハム」が主流となっている様です。                                                                       そして、ハム・ソーセージの本場ヨーロッパ圏の中でも、世界で一番生ハムの生産量の多い国であり、日本でも有名な「スペイン固有種のイベリコ豚」を使用しようしたものと通常の白豚を使用したものに大別される様で、特に有名な「イベリコの生ハム」は、養豚方法と熟成期間の絶妙な組み合わせにより、非常に、芳醇なイベリコ豚自体の旨みと長期熟成による奥深い熟成薫が、世界的に認知されている事と思います。                                                    また、ソーセージも特徴的で、その中でも、有名なものとしては、チョリソーと呼ばれるスパイシーなドライタイプのソーセージで、白かびを発生させて熟成させるものが大なり小なり多種存在する様です。                                         飲んべぇ~の私には、堪らない素敵な製品ラインナップだと思います。                                          皆様方々も、ご機会があれば、ヨーロッパ圏の各お国のハム・ソーセージ・生ハム・ベーコン等の食べ比べが出来ると、その個性をより実感して頂けると思います!・・・・・って簡単に言われても~ねぇですけど・・・・・                                                  随分以前ですとこのような食べ比べも難しかったかもしれませんが、今は、ネット購入で、世界の食材が手に入る可能性が広がっておりますので、トライできる幸せな時代だなぁと思う今日この頃~。                                                                                                     本日は、ここまでになります。                                                                                                          また、次の機会に~!

←トップへ