メニュー

NEWS

世界の食肉加工品PART3

投稿日: 2020年9月23日

こんにちは。

前回から、世界の食肉加工品について、お国別の特徴を記載させて頂いておりますが、本日は、イタリアのご紹介です。

イタリアのハムは、塩漬と乾燥により長期間熟成を行い仕上げる生ハムが主流となっております。                                             プロシュートは「ハム」を意味しており、

正式名                                                                                                                                生ハム⇒「プロシュート・クルード」                                                                                                                                                                                                                                                   加熱ハム⇒「プロシュート・コット」                                                                       ベーコン⇒「パンチェッタ」                                                                                        ソーセージ⇒「ペパローニ(ドライ系)」や「モルタッデラ(加熱系)」などがあるようです。                                                                                                          サラーメ(サラミ)は、古代ローマ時代から作られ最も種類が多く、「白いカビを発生させた「カビ発酵サラーメ」が多いようです。また、フレッシュソーセージのボローニャ等もあり、多種多様のソーセージカテゴリーとなっていて、ワインやシャンパンやカクテルに良く合いそうで、私的にも、堪りませんねぇ。

本日は、ここまで。                                                                               次回は、どこの国でしょうかね~?

 

←トップへ