松阪ハム
メニュー

情報伝達の方法

インターネット(ホームページ)に掲載

情報伝達の内容

(1)使用に妥当性があると判断された食品添加物を使用していること。

 ①食品添加物の種類(範囲)の説明

 ②食品添加物の使用理由

 弊社、松阪ハム株式会社本社工場で製造致しております、ロースハム(JAS上級)及びベーコン(JAS標準)に使用している食品添加物は、平成26年3月10日付改正前のJAS規格で使用が認められた物です。

[食品添加物の種類(範囲)]

リン酸塩(Na)、酸化防止剤(エリソルビン酸Na、V.C)調味料(アミノ酸)、発色剤(硝酸K、亜硫酸Na)

[食品添加物の使用目的]

○リン酸塩(Na):結着補強材
保水性、結着性向上のために使用しています。

○酸化防止剤(エリソルビン酸Na、V.C):酸化防止剤
酸化を防ぎ、変色や風味の劣化を防ぐために使用しております。

○調味料(アミノ酸):調味料
好ましい味付けのために使用しています。

○発色剤(硝酸K、亜硝酸Na):発色剤
肉自身の持つ色素と結合し食肉製品特有の赤色を発現させるとともに塩漬風味を与え、食中毒菌であるボッリヌス菌などの 細菌類の増殖を抑えます。

(2)食品添加物を適正に管理していること。

 弊社、松阪ハム株式会社本社工場で製造いたしております、ロースハム(JAS上級)及びベーコン(JAS標準)に使用している食品添加物は次のように適正管理しておます。

○食品添加物の使用量は、食品衛生法の使用基準に適合しています。

○使用量は、目的の効果を発揮するために必要最低限となるよう商品設計しています。

○商品設計のとおり製造したことを証明できるように食品添加物の使用記録を残しています。